プロフィール

スタッフ

こんにちは レストラン ル・アーブル料理長です。関西は滋賀県出身で野菜とお魚料理にこだわりを持ち体に優しい料理を心がけています。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年6月 | メイン | 2010年9月 »

2010年7月

2010年7月19日 (月)

仔牛のロニョンです

梅雨もようやくあけたようです。

今年の東京はあまり他県と比べると雨の日が少なかったですが。

昨日辺りから都内は猛暑・・・。 これほど暑いと食欲も減退しますので

メニューも夏向けに一新しました。

当然冷たい料理、冷たいパスタなどもこの時期定番で盛り込んでいますが、

夏だからこそ熱くて辛い料理、ビタミンなどの栄養補給も出来るメニューも

所々取り入れてみました。

写真は月替わりのお肉料理です

”仔牛ロニョン(腎臓)のムニエルとポンムパイユ ターメリックのクリームソース”

ビタミンがたっぷりの仔牛の腎臓です。

あまり食べなれない方は抵抗あるかも知れませんが、

フランスでは仔牛、羊などは好まれて食されます。

このロニョンとカレーなどには欠かせないターメリックのクリームソースとあわせました。

ターメリックはウコンの一種で食欲増進に良いといわれています。

古典料理でこのロニョンに相性が良いとされている野菜、じゃが芋を細きりにし、

軽く塩でしんなりさせて鉄板でじっくりとカリカリに焼いたポンムパイユを

添えています。

なかなか日本ではこのロニョンは食べる習慣がありませんが、

是非今月だけですのでお試しを・・・・。

2010年7月 6日 (火)

冷たいパスタです

7月のお薦めコースのパスタです。

本当に厚い日が続きますからね。

そろそろ冷たいパスタがと思いましたので入れてみました。

”トリ貝と小メロンの冷たいパスタ 胡瓜のソース”

作り方は簡単です。

エシャロットアッシェにディル、セルフィユのシズレ、バージンオリーブオイル

レモン汁、アサリの白ワイン蒸しのジュ、ニンニクのすりおろし

湯ムキしたトマトのコンカッセすべてをボウルに入れておきます。

トリ貝はコンカッセにしてこれもボウルにいれ

ボイルして氷水で冷やした生サラダパスタを入れてメランジェし

お皿に盛り付けます。

小メロンの塩漬けとトリ貝を飾り、皮をむいて水とオリーブオイルで

ミキシングした胡瓜のソースをかけています。

最後にディルと黒胡椒を挽いています

夏らしいさっぱりとしたフレンチのそうめんという感じです

是非どうぞ。

ル・アーブル のサービス一覧

ル・アーブル