2019年10月からの消費税増税に伴い、価格が変更になっている場合があります。ご来店の際には事前に店舗へご確認ください。

プロフィール

スタッフ

こんにちは レストラン ル・アーブル料理長です。関西は滋賀県出身で野菜とお魚料理にこだわりを持ち体に優しい料理を心がけています。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« コチとミル貝の前菜です。 | メイン | 桃とレモンバームのエスプーマ »

2008年7月16日 (水)

長野より届いた馬肉です

今回は馬肉フィレ肉です。

”馬肉フィレ肉と黒トマトのロースト 
     クレソンサラダ添え 白胡麻オイルの香り”

馬肉といえばお刺身、カルパチョといった風にそのまま生で

料理として出てくる事が多いのですが、今回は馬肉のフィレ肉を

丸々取り寄せてローストにしてみました。

実は先日長野の加工処理工場に先日見学しに行ってきました。

しっかりと衛生管理され上質な馬肉を加工された

工場だったのでお付き合いすることにしました。


味わいはほとんど牛肉とさほど替わりはありません。

少し馬肉特有の香りがありますが実に繊細です。

肉質もかなり柔らかくて風味も強く夏のジビエといった感じです。

現在の馬肉はほとんどがカナダ産です。

以前は国産として熊本産の馬肉が

良しとされていましたが、

現在では実状ほとんど純粋な国産の馬肉は無いようです。

以前の馬肉もカナダから輸入されて 

3ケ月間ほど国内で飼育された馬肉を国産と

呼ばれるものも多かったようです。

約10ケ月~15ケ月の牛の成育に対し

馬肉は36ケ月(3年)もの時間を要する為

国内では採算が取れないようです。

しかし驚いた事に実にこのカナダ産はさしも綺麗にほどほどに

入って見た目和牛に近く、馬肉の融点も低く 

カロリーも鶏のささ身に匹敵するといわれています。


そんな馬肉をソテーし中はほとんど生の状態で切り分けて、

酸味の強い黒トマトをローストして、

白胡麻油で和えたクレソンをたっぷり添えました。

そのままでも充分楽しめるお肉なのですが、

ちょっと馬肉の血なまぐささを

和らげる為に ソースは甘酸っぱいラズベリーのソースにしてあります。

綺麗なお肉の色が本当に食欲をそそります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/567649/28542811

長野より届いた馬肉ですを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ル・アーブル のサービス一覧

ル・アーブル